芸能・アイドル

古典芸能に振れる その2

過去日記になっておりますが。
22日は、倉敷芸文館へ講談と落語と狂言を見に行きました(^^)

柳家三三さんの落語、「にほんごであそぼ」でもお馴染の神田山陽さんの講談、そして大蔵流茂山家の皆さんの狂言。それらが一度に楽しめるという、とってもお得(?)な舞台「三三・山陽・茂山の壱弐参之笑(ひふみのわらい)」です。
http://arsk.jp/event/2010_hifumi.html

さすがにこれだけの方が揃うとですね、約2時間、ほぼ笑いっぱなしです(笑)
オープニングから楽しいんですもの。
神田山陽さんが、体に横断幕をグルグル巻きにして出てきて、それを「あ~れ~!」の要領で柳家三三さんが解きながら、第1部はこういうコンセプトで……的な説明が書かれた布を広げていく、というオープニング。
そこからもう、笑いが止まらない状況でした。

第1部の最初は、茂山茂さん、宗彦さん、童司さんによる狂言「附子」
教科書でも読んだことのある、とっても有名な演目です。太郎冠者と次郎冠者に留守を言いつける主人を、茂さんが演じておられたんですけれど。出先から戻ってきた時は、何故か山陽さんに入れ替わっておりました(笑)

そして「袴は短い方が歩きやすいですね」と言いながら、お次は神田山陽さんによる講談。
忠臣蔵の一節が語られました。
その本題に入る前の前説がね、また面白いんですよ(^^)
そして神田山陽さん、相変わらず口がよく回ると言いますか、早口でよくあれだけ噛まずにしゃべれるな、と別のことにも感心してしまいました(汗;)

山陽さんが途中までしゃべった続きを受けて、飄々とした様子の柳家三三さんが登場。
学校公演などで小学校をはじめとしてあちこち回るお話をされていたんですが、高学年はいいけれど、低学年はオチがわからなくて困る、なんてお話がありました(笑)
幼稚園に至っては、落語のお約束事がわからなくて大変、とも。。。
やはり、落語はある程度オトナの楽しみ、ってことなんでしょうか(苦笑)
「噺家が言うことなんざ、信用しちゃダメですよ」
なんて、一つ学習もできました(コラコラ;)

で、その三三さんのお話を受ける形で登場したのが、先ほど狂言を演じておられた茂山宗彦さん。
もっちゃんと言えば、数年前に大ヒットしたNHKの朝のテレビ小説「ちりとてちん」に落語家の役で出演なさっておりまして。その時の決め台詞(?)を、落語の中にちゃんと織り込んでくれました(笑)
「そーこーぬーけーにっ!!!」
もちろん、アクション付きです。
その瞬間、会場には笑いと拍手が起きまして。それを見たもっちゃんってば。
「よっしゃ。まだイケる!」
と小さくガッツポーズ(笑)
話のオチも、ちょっと脱力系で面白かったです(^^)

第2部は、ヒッチコックの映画をテーマにして、それぞれ山陽さんと三三さんは新作の講談と落語を。茂山の皆さんはそれにちなんだ狂言の演目を…ということで、演じられました。

山陽さんが選んだ映画は「裏窓」
政治ネタを織り込んで、笑えるお話となっておりました。
三三さんが選んだのは「ダイヤルMを回せ」
こちらも、振り込めサギの最新手口を織り込んで、ちょっと人情味溢れるお話となってました。
どちらも楽しかったです♪
で、最後は茂山さんの狂言。
演じられたのは「梟」
……てことは、ヒッチコックの映画「鳥」がテーマなのね、と(笑)

終演後、カテコの時に舞台上でプチ反省会が開かれまして。
「梟」で法師を演じた茂ちゃんは「相変わらず数珠の扱いが下手で……」と反省。
もっちゃんは「ちょっと噛んだ」と反省(笑)

約2時間笑いっぱなしの上、久方ぶりに茂さんやもっちゃんの狂言を生で拝見することもできて、楽しい舞台でありました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2日連続でおめでとう!

帰宅して、パソコンを起動してネットでニュースを見て。
思わず声を上げてしまいました。

俳優の松田龍平さんが結婚
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jiji-13X902/1.htm

1999年12月に公開されたデビュー映画『御法度』でファンになって。
以来ずっと見守ってきた彼が、ついに結婚ですか~(^^)
お付き合いしている方がいらっしゃる、というのは知ってましたけど。
ご結婚かぁ。
それも、新しい命を授かったのだとか。

おめでとうございます♪
大好きな方が、幸せになるのはとても嬉しいことなのであります(^^)
新しい家族が増えて、私生活が充実することで、演技にもますます磨きがかかって、いいお仕事をして下さるのが、ファンとして何よりの喜びであります。
末永くお幸せに……なのです。

いや~、2日連続で「おめでとう」なブログを書けるとは。
ファンとしましても、嬉しいことです♪
今月は彼が出演している映画も公開になることですし。
またスクリーンへと足を運びたいと思います。

しかしなぁ。
報道の仕方も「デキ婚」って言い方が悪いですよ。
子供が出来ちゃったから、仕方なく結婚という法的手段を取ることにした、的な書き方ですもの。
出来る限り、あらゆる関連ニュースを見てみましたけれど、どうもそうではなくて。
お付き合いを進めるうちに結婚の意思が固まって、お母様の美由紀さんも公認で。入籍の日も、奥様・太田莉菜さんの誕生日と決めていたような感じで。
で、たまたま入籍の前に彼女の妊娠が分かって、二重の意味で「おめでとう」になった、という様子なので……
同じ「デキ婚」という言葉を使っていても、前者と後者では明らかに違いがあるわけで(苦笑)
今回の龍平さんの場合は、明らかに後者だろうと私は思います。

<以下、更新のお知らせ>
日付が変わって間もない時間帯に、ようやく山羊さま「おたおめ」SSをアップしました。
おたおめSSであると同時に、キリリク作品でもあるため、リクエストいただいた方にお捧げしております。
リクエストに最大限応えようと努力した結果なのか、あるいは山羊さまが暴走したのか。
いつもよりややハードな感じになっていますが、楽しんでいただけましたら幸いです。

<以下、雑談>
当ブログの右側にある、グリムス。
先日から木が育って、大人の木になったな~
と思っておりましたら、無事に植樹できるようになったようです(^^)
このグリムス。
ブログに綴った記事が水や肥料となって、苗を育てて、立派に育ったら本物の木を1本植樹する、というコンセプトで運営されておりまして。
それに賛同する形で取り付けたのです。
それがこうして実際に形になると、嬉しいものです♪
無事に育って、少しでも二酸化炭素削減に貢献できたら幸いなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

激萌えっ!Saturday

昨夜、萌えの神様(←;)から天啓が降りまして(!?)
車で30分ほどの場所にある、某大型ショッピングモールの中にある、某書店へ行きました。

漫画やアニメのDVDなどが置かれているコーナーで、蓮二さんの「ANSWER」を発見。
かなり今更なコメントだとは思いますが、ジャケ写の蓮二さん、美人さんですよね~♪
歌&カラオケのおまけトークが、「柳発明所」だったのには、爆笑いたしました。
どこまで貞治好きなんでしょう、蓮二さん(笑)
さすが、データテニスを乾さんに教授した、元祖サディスト……じゃない、データテニス・マスターであります(笑)

でも、何となく別の萌えが呼んでいる気がしたので、今回は蓮二さんは「ごめんなさい」しました。
月末に発売されるユッキーはGETしたいので、その時に一緒にGETかな?

で、呼ばれた先は音楽雑誌コーナー(笑)
店頭に並んでおりました。
音楽の友 9月号」!!
先月から続く「Why music?(私が音楽する理由)」の金聖響篇後編が掲載されておりました。
もちろん、萌えはそこにもございました。
が、その前の方のページ。
付録のコンサートガイドが挟まれていて、開きやすくなっているページで、私の視界に入ったのは……。
4月に来日し、その時にずーっと聖さまが同行していた指揮者・ダニエル・ハーディング氏と聖さまのツーショット写真っ!!!
あやうく、本屋で声を上げそうになるのを必死で堪え、でも感情を逃がすことができずに、思わずページに顔を伏せてしまいました(苦笑)
リハーサルやラウンド・トーク、本番後にコンサート鑑賞などなど、ずっと聖さまがダニエルさんに同行しておられたのは、ご本人のブログなどなどで存じ上げておりましたが、こういう雑誌での対談もあったとは。
さすがでございます、山尾敦史さん♪
ダニエルさんとの対談では英語で、連載のロング・インタビューは日本語でお話されてたんでしょうね、聖さま(^^)

今月号の特集「指揮者の時代」。
ダニエルさん&聖さまの対談だけでなく、その前後の記事も興味深く拝読致しました。

次に呼ばれたのは、音楽雑誌コーナーの隣にある、映画&舞台雑誌コーナー。
キネ旬ムック「acteur」No.2 2006年9月号でした。
表紙の左隅、並んでいるお名前に、一瞬固まってしまいました。
上から順に、
安藤政信
松田龍平
山本耕史
堺雅人
……これだけ、好きな俳優さんが4人並んで、萌えずにいられましょうか、いられるわけがないっ!!
というわけで、手に取ってしまいました(汗;)
安藤さんと龍平君のインタビューは、お二人が共演した映画「46億年の恋」(三池崇史監督)のお話が主でした。
「龍」「安藤くん」と呼び合うお二人の仲良しさんっぷりに萌えでございます♪
山本耕史さんも、舞台「tick,tick…BOOM!」で地元に来られるんですよね。
実技認定試験前でなければ、観に行くんですが(涙)
舞台のお話をされる堺さんに加え、長塚圭史さんの対談連載のゲストが、寺島進さん。
これは、家でゆっくり読まなきゃダメだわ。
ということで、こちらもお買い上げ(汗;)

というわけで、本日のお買い上げ本は
・音楽の友 9月号
・acteur NO.2 2006年9月号
臓単

「臓単」は、筋肉篇の「肉単」に続くお買い上げです。
内臓系、教科書その他で勉強してはいるのですが、細かい部分がわかりづらかったり、いい模式図がなかったりするんですよね。
私がニガテな脈管系も掲載されていますし、前から買おう、買おうと思っていたんですが。
今日、やっと買えました。

しかし、萌えの赴くままに雑誌を増やすと収納場所が……(滝汗;)

<以下、追記>
「音楽の友」9月号の、聖さまインタビュー後編。
これからのコンサートスケジュールが掲載されていました。
下旬に福岡や長崎に行くのは知ってましたが、広島と島根は初耳でした。
広島は、どうも子供たちのためのコンサートということで、高校生以下のお子さん&保護者で、応募して当選した方が対象になるらしいです。
出雲は、市民会館のサイトを見ても、催し物案内が9月以降のものだったので、突き止められず……(涙)
まぁ、調べて突き止めたとしても、聴きに行くことは叶わないんですが(泣)
でもでも、広島と島根には来るのに、愛媛にも来るのに。
どうして岡山が外れているんでしょうっ!!!(号泣)
岡山or倉敷での公演を、心より熱望します。
コンサートなどなどを聴きに行く度に、アンケートで「呼んでほしいアーティストは?」の回答として、聖さまのお名前を書き続けなければ、ですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

感動の初舞台

今日は、大阪へ待望の舞台を見に行きました。
その舞台がある、というのを知ったのは約半年前。
チケットが先行予約できる、ということで、それを利用して取ったのですが……。
それでも、席が隅のほうでした(苦笑)。
まぁ、列はそれなりに前のほうだったのですけれど。

劇場は補助席も置かれていて、超満員。
さすがに、演出が三池崇史監督で、長塚圭史さんで、原作が泉鏡花で、美術が会田誠さん。
主演が武田真治さんに、田畑智子さんに松田龍平君に、松雪泰子さんに……という豪華ラインナップならば、当然ということかしら?という。
かく言う私も、武田真治さんと松田龍平君が共演するのは、映画「御法度」以来で。
しかも、龍平君にとっては初舞台、ということで、見逃したら絶対後悔する!
と見に行ったワケなのですが。
シアタードラマシティは、7月に「レミコン」でお隣の梅田コマに行ったのを合わせると、今年3度目、という(苦笑)。

今日見に行った「夜叉ヶ池」。
東京で10月14日から上演されて、名古屋での上演を経ての大阪公演で、しかも明日が千秋楽。
ということで、出演している役者さんたちの息も合っていて、間もいい感じになっていて。
ちょうどいい時に行ったかしら?と思いました。

このお話。
原作を読んだことのある方はご存知だと思うのですが、結構暗くてシリアスなお話でして。
それを、個性的な役者さんたちを集め、かなり笑いも取り入れて、見ていてとても面白い、だけど悲しさもちゃんと感じさせてくれる、という舞台になっていたのはさすがだな、と思いました。
遠藤憲一さんとか、きたろうさんとか、萩原聖人さんとか。
本当にいい味を出しておられました。
ああ、もちろん「日本一!」の丹波哲郎さんも、ですけど♪
(↑この方が舞台に登場された瞬間、客席から「よっ! 丹波哲郎、日本一!」という声が^^)

本日の私のお目当ては、もちろん初舞台を踏むことになる松田龍平君だったワケなのですが。
身長が高く、スタイルもよく、顔も見栄えのするお顔だからなのか。
彼が舞台に出てきた時、ものすごく存在感がありました。
そして、素で話す時はもちろんなのですが、映画でもボソボソ話す役が多かったために、パンフレットで松尾スズキさんから「マイクなしだ。生でいこう。」と書かれていたり。中野裕之監督にも「大きい声だせよー! 何言ってるか後ろに聞こえないぞー!」と言われておりまして。
どうなんだろう?
と思っておりましたが、何のその。
時々早口になる場面はありましたが、よく通る声で、いい演技をしておられました。

また、私的に何よりも嬉しかったのは、彼が途中で眼鏡をかけたこと。
それも、黒縁の!!!
彼の公式発表でのプロポーションは身長183センチ、体重63キロ。
身長184センチで体重62キロの乾さんに、かなり近いポロポーションなのですね。
その彼が、黒縁の眼鏡をかけた!!!
しかも、京大出でインテリの役だったので、小難しいことを言うんですよ、これがまた。
それが乾さんを彷彿とさせてくれまして。
松田龍平ファンで、乾貞治ファンの私としては、別の意味でかなり萌えました♪

詳しくはまた、あらすじも含めて本館にて語ろうと(語るのか;)思うのですけれど。
遠藤憲一さんと萩原聖人さんのやりとりも、どことなくBL風味で面白かったです(笑)。
田畑智子さんも、武田真治さんも、皆さん小芝居が効いておりましたし。
何より驚いたのは、松田龍平君が武田真治さんより年上の役を演じていたことでしょうか。
……「御法度」では「沖田先生!」って言ってたのになぁ……(遠い目;)。
(注:映画「御法度」では、武田真治さんが沖田総司を、松田龍平君は総司に憧れる隊士を演じておりました)
「御法度」ファンとしましては、この二人が共演しているのを舞台で見られて、本当に幸せでございました。

この舞台。
ビデオ&DVDが発売されるらしいのですが……。
ううう、欲しいかも。

さて、明日は朝から忍足握手会の整理券をGETすべく、某専門店にて並ばねばなりません。
どれくらい並ぶのか、ちょっと想像できないのですけれど。
整理券が手に入ればいいなぁ。

●WEB拍手、本当に毎日ありがとうございます(深々とお辞儀)。また近々、お礼画面のSSSを入れ替えようと思っております。●

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|