2005年7月3日
岡山シンフォニーホールで開かれた、岡山フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会終演後、サイン会で佐渡さんにいただいたサインです。
コンサートで演奏された、ドヴォルザークの「新世界から」に感動し、どうしてもその感動を直接お伝えしたくて、サイン会の列に並びました。

プログラムにサインをいただいても良かったんですが、このCD。
私が中学時代に演奏した、コンクールの課題曲である、保科洋さん作曲の「風紋」が収録されていまして。記念に……と思いまして、こちらにサインしていただきました。
「ドヴォルザーク、感動して泣きました」
と申し上げた私に、お礼の言葉をかけていただいて、握手までしていただいて、「写真は撮らなくていいですか?」とお気遣いいただいて。
お体も、音楽も、とても大きな方なんですが、何よりも心が温かくて大きな方なんだなぁ、と感激致しました。